スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王】強欲で謙虚な壺の採用について【剣闘獣】

先日、第15回カード王CSに出た際のブログ(大会レポ)にも書きましたが、
私はその大会にてある実験をしていました。
 それは、剣闘獣デッキに『強欲で謙虚な壺』を採用するというものです。

強欲で謙虚な壺

 剣闘獣を触ったことなどがある人なら知っていると思うのですが、一般的に剣闘獣と強欲で謙虚な壺(以下:強謙)は相性がいいとされていません。
 それは、毎ターンのようにデッキに戻って別の剣闘獣を特殊召喚する性質と、特殊召喚できなくなる強謙とが噛み合わない点が一番の理由です。
 その他にも、強謙(のデメリットを受けてまでも)を使ってまでもサーチしたいキーカードが無い点、公開情報が痛いなども挙げられると思います。

 私も特殊召喚できない点から採用をさけていました。正直言えば、皆入れてないしどうせ合わないんだろうと考えてすらいませんでした。しかし、2ヶ月くらい前になりますが近畿CSに出た際に、これまた文面(テキスト)だけで見ると相性は良くない『デッキロック』を先入観を捨て、試験的に使ってみました。この感触が案外良かったため、一見相性の悪いカードでも考察の余地は大いにあると思い始めました。

剣闘訓練所

 これは剣闘獣の中でもデッキタイプによって違うと思うのですが、純剣闘なら強謙のサーチ枠には『剣闘訓練所』が入っていると思います。少なくとも私はそうでした。これは最近思っていたことなのですが、訓練所はやはり事故要因の一つになり得ます。勘違いをしてほしくないのは、訓練所は普通に強いという点です。しかし、モンスターを抱えて妨害札がないという状況は返しが弱い純剣闘からしたら詰みです。
 先行初手(ドロー込み)で剣闘2魔法罠4が理想だと勝手に僕は思っています(もちろんモンスター1でも良いのですが、後続があるのを理想としたので)。メインサイク3積みもありえる環境から、罠は最低1枚は消される計算で考え、実質、魔法罠3~4からデュエルが始まるのが理想です。その魔法罠が奈落や戦車などの妨害札ならば相手の展開を抑えつつ戦線を維持できるかもしれませんが、その中に訓練所などがあった場合には防御力は弱体化しますよね。ただでさえ禁じられた聖槍や、(僕の理想の中では)スタロもありえます。防御力はできる限り削りたくないですね。

 ここで訓練所の枠が強欲で謙虚な壺の場合、3枚めくった中でモンスターが足りていない状況ならばモンスター、妨害札が弱ければ妨害札、守りを固めたいなら聖槍、スタロなど幅広く対応できます。もちろん3枚めくって都合のいいカードばかり来ませんけれども。
 先行での強謙ならばデメリットも苦にならないので最高です。もちろん情報アドを教えてしまいますが。

 ※ここで途中ですが、上でも出てきたので情報アドの話に寄り道します。強謙で例えば奈落をサーチした場合、相手は当然ですが奈落ありきのプレイイングをします。つまり、情報において相手は一つアドバンテージを稼いでいます。これは大きいです。しかし、トリオンの蠱或魔を採用しているデッキを相手にした時に僕自身が思っていたのですが、結局相手の伏せカードは奈落や激流葬かなという警戒をしながらのプレイイングをします。結局、懸念が確信に変わっただけです。むしろ、ストレスが貯まりますw 剣闘獣はまさか伏せるのがサーチした奈落1枚のみ、では無いと思うので(そうなったら情報アド云々以前にしんどいw)。どうせバレてますし、相手も奈落をふみにくるでしょうから打ってやりましょう。もし躊躇して展開しなかったらラッキーと。次のドローで新しい妨害札引くなり、剣闘で殴ってアド稼いでやりましょう。
 まぁ要は、デッキのスピードが他の環境デッキと比べて圧倒的に遅いのですから今更情報アド教えたくらいでなんだ、くらいの気持ちで強気でいきましょう←笑

 はい、寄り道から帰ってきます。
 上では強謙を入れるに至った流れをざっとではありますが記しました。それでは実際に強謙を入れた構築(写真参考)で友人と回した結果、と100人規模のCSに出た結果、どんな手応えがあったかを書きます。

20131014剣闘獣


結果的には感触は良かったです。 


~◇◆理由◆◇~

(1)アストラル『観察結果その1、先行だとデメリットなく、強い』
  仮に先行であった時、先述のように特殊召喚をしないため、都合の良い場を整えるのに貢献します。
CSでは2回戦で4軸炎星を相手にした時、マッチ1戦目でライオウをサーチできました。このとき相手が炎星かは分からなかったのですが、手札には3~4枚の魔法罠があったため、万能なメタモンスターをサーチしました。結果的には相手のテンキの発動を2ターン遅らせれたため、こちらもその間に場を整えて優位に試合を運ぶことができました。(まぁ結局マッチでは負けたんですけどね!w)
 序盤から戦車など、(使いまわせて)強いカード引けたらいいですよね。あったらいいなをカタチにする。強謙です。


(2)アストラル『観察結果その2、剣闘をヴェーラーや罠で妨害、除去された時のアフターケアになる』
 何も毎ターン剣闘を特殊召喚してアドを稼いでいけるわけではありません。むしろ、毎ターンSS出来る試合運びの場合、こちらがおそらく優位であり強謙に頼らなくても戦線を維持できている状態ということでしょう。
 相手もこちらの思うように展開させてくれません。アライブ剣闘はガイザレスにヴェーラーを当てればいいのですが、純剣闘の場合、ガイザレスを出すまでの例えばラニスタなど単体にうってくると思われます。それは、1体の剣闘が戦車サーチ、または魔法罠やモンスター破壊という地道なアドにつながっていくからです。(アラ剣は相手もガイザレスを出すデッキと知っているのでガイザレスに打ってくるでしょう。もちろんケースバイケースですが)。何もヴェーラーに限らず、剣闘を出した時に激流葬や奈落で召喚権が消えることもあります。バトルフェイズ中に攻撃反応系で消えることもあります。
 その時、M2で強謙の出番です。相手が特殊召喚させなかったことを後悔させるプレイイングです←おい
 まぁ冗談ですが、実際、妨害されたまま終わらない、その状況を逆手にとることは、精神的にも試合運び的にも大きな意味を持つと私は思っています。
 剣闘訓練所と強謙との差はこのアフターケアの先のサーチ対象が広がるという点だと思います。


(3)アストラル『観察結果その3、発動タイミング、いかに腐らせないかはプレイイング(と運)次第』
 妨害はもちろんですが、特殊召喚してアドをかせいでいくデッキには間違いないため、発動タイミングなどは大事です。私(←別にプレイイングうまくないですけどねw)は(2)の展開のようにM1でモンスターをこれ以上展開できなくなった時、そしてバトルフェイズ中に剣闘を除去されてしまった時のM2で使っていました。というかここぞ、という時に使わなければ腐ってしまいますから。腐ってヤバイ場合は伏せてサイクロン誘うことで1:1交換してください(笑)


(4)アストラル『観察結果その4、強謙を入れる枚数はよく考えること』
 強謙2枚の構築は、何も強謙が無制限になったことを知らないわけではありませんw
 CS前に友人と強謙3枚構築(訓練所の枠にそのまま差し替えた)で回していたのですが、最悪なのはハンドに2枚抱えた場合や、強謙で強謙めくる場合です。そんな都合よく発動できる機会がきたら良いのですが、流石に序盤で2枚来られると困ります。これでは柔軟性を高めるために投入した意味がありません。また、強謙で強謙をめくることはおそらくデュエリストあるあるだとも思っているのですが(笑)、選択肢の一つ削られるのはもったいないですよね。よって、2枚にしてCSに参戦しました。
 引くか引かないのかは結局運なんですけどね。実際、一戦目の青眼征竜戦では強謙で強謙めくっちゃいましたしw それでも確率的に言えば2枚にしたことでダブルことは少ないはずです。強謙はあくまで保険くらいに私は捉えているので。保険が重なると邪魔ですからね。 


(5)アストラル『観察結果その5、キーカードをサーチする強謙はサイドチェンジ以降で真価を発揮する。』
 これはあくまで持論です。が、
 剣闘獣(※アライブ除く)は自分の展開を優先するよりも、相手の展開を妨害する方が影響力は大きくなります。つまり、例えば征竜を相手にした場合、剣闘の攻撃を通すためのサイクや大嵐をサーチする(おそらくサイチェン後には相手はスキドレなどを積んでくると思うので)よりも、相手が動けなくなる『王宮の鉄壁』や『ソウルドレイン』をサーチするほうが遥かに効果があると思います。ケースバイケースなのは当然ですが。
 マーメイルにはソウルドレイン、征竜には鉄壁もソウルドレインをサイチェン後に積むので、それらを引くためにこの強謙が活きます。剣闘がこれらのデッキに勝つには必死に展開を妨害するしかありません。上から打点で殴る、とかのゴリ押しはきついですので。また、アライブはともかく他の剣闘の型は返しが弱いので。
 何か1枚で止まらない炎星が個人的には苦手ですw 向こうは群雄割拠とか積んでくるし(´;ω;`) まぁそのメタりにくさも炎星の売りの一つには違いないのですがw
 

(6)アストラル『観察結果その6、強謙でカードめくる時、すごくワクワクする。』
 うん。どうでもいいこと言いました。はい(笑)

~~~~~~~~~~~~~
おわりに

 強謙と剣闘獣に関しての考察はこんなところでしょうか。
 まだ実験回数が少ないかもしれないですし、とにかく人によって好みが分かれると思います。
  特に私のメインはラクエルはおらず、ラニスタがいて、スタロも2枚。ここに強謙と来ているので、本当に人によって反応は様々でしょう。なんか、せっかくだから自分の色というものをデッキに反映させたい人です!w
 ※もちろん意味があったうえでやってることですが。
 
 とりあえず、この記事では強謙を一見相性の合わない剣闘獣に採用した意味、そして簡単な実験結果を載せました。『デッキロック』もそうでしたが、使ってみると意外に良かったりという良い意味での裏切りが在りますね
 本当に面白いです。これからも色々な発見をこのデッキ、剣闘獣で見つけていきたいなと思います。
 そして、大規模な大会でもっと勝ちあがれるように精進したいと思います。

 見てくださった方、ありがとうございました!

 何か質問、意見、コメントなどあるかたはせっかくですので是非!遠慮なく。
 お待ちしています~。

 それではノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

剛健 トリオン GBA と、入れるかどうかの裁量が人によって大きく異なるカードって多いですよね
自分の剣闘における剛健は「罠サーチ」のためのものだと思ってます
SS不可は剣闘にとって(個人的に)そこまで痛いデメリットではなく、罠で返しを凌ぐほうが重要だと思いますね
自分はトリオン3剛健3奈落2煉獄1の安定志向にしていますが、トリオンと剛健の相性が抜群でなかなかです
トリオン1体だけでも除去って5回殴れば試合終了なわけですから、相手からすればこういうちっこい奴も処理しないといけないというプレッシャーを与えられます
そこに剛健でサーチしたスタロ宣告警告でも伏せれば、落とし穴サーチもあいまってかなり堅いと思います
長々と書きましたが、ふーん程度でいいので参考にしていただければと思います
現環境で剣闘使ってる人が全然いないので個人的に応援したいってのもありますけどね...

Re: タイトルなし

ですね!賛同します。
トリオンは召喚権の関係上、純では手をつけていないので、また試してみたいと思います。
強いカードですよね。。。
参考にさせていただきます^^

剣闘使い同士、切磋琢磨したいですね。
あの時カード王CSにいたということは関西圏の方でしょうか。是非剣闘トークしたいものですw
プロフィール

お塩

Author:お塩
FC2ブログへようこそ!
趣味などに関して自由気ままに書いていくつもりです^^
よかったらはにゃーんしていって下さい(*´∀`*)
☆twitter@clampxclamp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
星の力かうんたー☆彡
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。